archive」カテゴリーアーカイブ

Archive #010

耳鳴りや眩暈をテーマに作ったこのトラックをビデオで編集し始めた時、サウンドのノイズがやたら目立ち気になってしようがなかった。特に、録音したときにかけまくったレゾナンス系のエフェクト音が酷かった。結局、何回もミックスを繰り返し音を控えめにすることとなった。ビデオとオーディオの編集の奥の深さを知り、また結構な時間もかかったが、Adobe Auditionの操作方法の勉強になったのでよかったとしよう。それにしてもシンギングボウルとハワイアンスチールギターの組み合わせ、よく思いついたものだ。なんちって。

アルバムに興味のある方は、、

from the album “OTOTOBATOMOS VOL.1” まで

Archive #009

JGはジェリーガルシアのこと。最も影響を受けたミュージシャンの一人である。”Dark Star”は今でもよく聴くし、最近AmazonTVでグレートフルデッドのドキュメンタリー「Long Strange Trip」を見て、あまり語られてこなかったガルシアのことを知ったりもした。彼は1995年8月9日、53歳の若さでこの世を去ったが、今年の命日に彼のギター演奏を思い起こさせるようなトラックを作りたいとスタジオに籠って制作したのがこの曲。そのMVだからいろいろと凝ろうと思ったが、結局オーロラというシンプルな素材で収まった。でもいろいろなエフェクトをかけているので幻想的には仕上がっている。MVは派手で凝ったものはインパクトという点ではよいが、時に曲を殺してしまうこともあるということも学んだ。

アルバムに興味のある方は、、

from the album “OTOTOBATOMOS VOL.1” まで

Archive #008

湯船につかりながら風呂場の壁を飽きずに眺めていることがある。壁一面に広がる鳥獣戯画というか小宇宙を映像にできないかとずーっと考えていた。その壁を試しに撮っていたスマホのビデオファイルをいじくりまわしていたら、こんなのができた。

この曲というかトラックは今年の7月7日ごろに完成した。なんとなく七夕っぽくていいでしょう!!で、festivalなんです。

アルバムに興味のある方は、、

from the album “OTOTOBATOMOS VOL.1” まで

Archive #007

ギターアンプのフィードバック音をテーマにトラックを作ってみようと思い立ったのはいいが、実際かなり苦労した。そのイメージビデオ作りはさらに難しく時間がかかった。unsplash という写真アーカイブサイト(ダウンロードフリー)で一枚の写真を見つけてからイメージがどんどん広がって完成できた。山間と空のブルーと雲の白。色のバランスが素晴らしい一枚で、自分ではなかなか出せない。今回はいろいろ勉強になった。

アルバムに興味のある方は、、

from the album “OTOTOBATOMOS VOL.1” まで

Archive #006

雰囲気、古い東映の映画みたいだと言われた。すごい誉め言葉だと勝手に解釈していたが、薄気味悪く作りすぎたかとも思う。

ちなみに、冒頭の衝撃音は冷蔵庫の開閉を冷蔵庫の中にレコーダを置いて録音した。設定温度5°C。

アルバムに興味のある方は、、

from the album “OTOTOBATOMOS VOL.1” まで

Archive #005

閉所恐怖症である。エレベータが止まり怖い思いをしたことも複数回ある。そんなこともあり、何かの中にいる夢をよく見る。このビデオ素材をネットで見つけたときは、トラックにピッタシと即ダウンロード。これ!これですと嬉しくなって作業を始めたが、これが結構むずかった。そうなんです、サウンドトラックとうまく同期しない。音が主題なのにね。でも、なんとなくこれも私的夢の表現となったです!(ちなみにオリーブオイル瓶詰工場でのシーンです)

アルバムに興味のある方は、、

from the album “OTOTOBATOMOS VOL.1” まで

Archive #004

この”it”というトラックの録音にはえらい時間がかかってしまった。ジャックダニエルの小瓶にビー玉を詰めて鳴らしたとたん音くんが狂ったように吠えまくられたり、ベースをドラムスティックで叩いてサンプリングしているときにスティックを齧られたりで、てんてこ舞いの録音だった。ギターも爪切りのヤスリで引掻いてみたり、スライドっぽい音は、とうとうこのためにハワイアンスティールをポチッたりして弾いてみた。

ビデオはエフェクトに凝りまくってしまい音楽に合わせるのが大変だった。とにかく、夢に見たようなシーンの再現にはほど遠い。サウンドもそうだが、映像による夢の再現や不可思議さの表現は本当に難しい。

アルバムに興味のある方は、、

from the album “OTOTOBATOMOS VOL.1” まで

Archive #003

この4~5年夢をよく見る。毎晩が夢のオールナイト興行である。実体験を少々デフォルメしたリアルなものから、怖いもの、そして最近増えてきているのが不思議なというかアブストラクトな夢である。OTOTOBATOMOSのトラックはそんな夢がヒントになっている。それを映像にするとサウンド以上にアブストラクトになってるが、このビデオ制作が実に面白い。仕上がりは、偉大なる自己満足の世界であるが。。。

アルバムに興味のある方は、、

from the album “OTOTOBATOMOS VOL.1” まで

Archive #002

フィールド録音をベースに制作したアルバムの各トラックのPVを作ってみようと思い立ったのだが、これが思いのほか大変。。サウンドだけではなく視覚をともなってトラックのイメージを伝えることが、いかに大変であるかを知った。が、あとには引けない。

余談。バックにでてくる煙のような映像は、スタジオの庭で動く雲をスマホのタイムラプスで撮ったものを加工している。

アルバムに興味のある方は、、

from the album “OTOTOBATOMOS VOL.1” まで

スタジオの「がらくたデータ」に磨きをかけて、いろいろと更新していきます!

スタジオのハードディスクを整理するたびに、面白い音源が次から次に出てくるので、この際OTOTOBA ARCHIVESを独立して刷新してみることにしました。過去は過去でいろいろと面白いデータがありますが、単に音源を貼り付けるのではなく、最近の作品も含めてビデオでリメークしたり、リミックスあるいはリマスターして紹介してはどうだろうと思い立ち、このページを独立させてみました。

例えば、こんな感じで、、、

2010年と12年、北京のNashvilleというバーで仲間を集めてセッションを行った時のビデオが出てきました。それを60年代風サイケデリックな感じのビデオにしてみました。

まあ、こんな風にこのページを充実していきますのでお楽しみ頂ければと思います。