Archive #43

以前 Archive #13 でこの曲(My Old Piano)に関してボーカルトラックが見つからないと書いたのですが、なんと見つかりました。見つからなかった理由は、あまりにも録音クオリティが悪くCUBASEのボツテイクを集めたファイルに存在しました。

ボーカルはSakai君で、セッションで使ったボーカルマイクSM58かなにかを握りながら歌ってた記憶がある。さらに、ガイドで入れてあった下手くそな小生の仮歌トラックを聴きながら歌っているので、かなり雑音も入っている状態でした。

iZotope RX7というノイズを軽減するソフトを導入して、なんとか聴けるところまでリファインできたのでリミックスしてsoundcloudにアップしました。(それでも、まだ雑音が残っていますが。。)

まだ、満足はいかないので、いずれ録り直してみたいトラックの一つです。

歌詞は小生が担当したようで、これも情けない三文失恋ソングだが、古びたバーで酔いどれピアニストが歌うという一応状況設定はできている。

Archive #42 ”Europa” Santana Cover

あけましておめでとうございます。

昨年末、久しぶりにLEEくんがスタジオに遊びに来てくれた。このArchiveページに掲出している多くのトラックが彼との共作であることもあり、今後のリミックスやリマスター、はたまた新作への協力を要請し快諾してくれた。

そもそもLEEくんとは2008年から12年の5年間の間にStudio6070と名乗り数多くのカバー曲を録音し、2枚のアルバムを制作した。またアンプの音量を上げすぎてホテルの電源を飛ばしたこともあった会社の忘年会出演から、アメリカ大使館の人たちとライブハウスを借りて催したステージまで何にもない北京の余暇をおじさんバンドで楽しませてもらった。改めて紹介するとBlues Lee(太極拳をやることからブルースリーを名乗ったが、あのブルースリーはBruceだが、Leeくんのブルース好きからBluesとした)はエレキ、アコーステックギターとボーカルを担当。Cream時代のClaptonの”Crossroads” ギターソロを完全制覇している凄腕の持ち主である。そろそろ本名でもよいということで、これからとりあえず K.Sakaiとクレジットすることにした。

ということで新年早々、Studio6070カバー集 Vol.1から Santana のヨーロッパをアーカイブとして取り上げた。”Europa” は多くのバージョンを録音したが、年末新たにピアノ、アコーディオンとハモンドB3の音を追加してTexMexバージョンとしてリミックス、そしてリマスターしてみた。かなり不思議な楽曲となったと思う。

追記)

今回新たに追加したトラックだけを追加します。TEXMEXピアノともともとのSakaiくんのギタートラックをあわせるBPM調整に苦労した。まだ満足いくものではないがお正月ということで。。

Archive #41

多分、本年ラストの発掘デモ音源。ギターとボーカルはLee君。 録音の記録を見ると最初のラフ録音が2016年6月25日で、ボーカルも入りある程度デモが完成したのが11月1日となっていた。比較的新しい音源であるが、お蔵入りになってしまったようである。まだまだ構成や楽器のアレンジなどやりようがある気もするが、ここはリマスターのみに止めておこう。WinとCUBASEを久しぶりにさわって疲れた。やっぱりAbleton Liveがいい!!

アップする音源や映像や写真の容量が増えてきて、サイトがけっこう重くなってきた。ということで、ここArchiveページもSoundCloudから音源をリンクすることにした。

追)全てのボーカルを抜いたオケバージョンです。2021-12-20

OTOTOBASTUDIO Compilation Album Vol.1 リリース

現在、ここArchiveページで紹介している、昔の音源やデモの中から厳選されたトラックをリミックスあるいはリマスターし、新曲とともに制作してきたOTOTOBAの新しい企画アルバム “Compilation Album Vol.1″が完成しました。bandcampでもリリース予定ですが、Youtubeにて先行配信しました。ここ2年ほど一貫してアンビエントやエクスペリメンタル中心のアルバムを発表してきましたが、音と場スタジオのハードディスクに溜め込んだあらゆる音源を掘り起こしながら、今後もこのコンピレーションシリーズも続けていきたいと考えています。まずは、Volume oneをお楽しみください。

(これにともない、Film Noirシリーズは終了いたします)

VOL.1収録トラックに関して

1. Pekinpah   

このトラックは2015年頃に、市販のサンプルやDAW付属の音源だけで作ったもので、暫くsoundcloudに ”Don’t Shoot at Me, Pekinpah” というタイトルでアップしていた。今回はイントロから思い切りド派手なタイコを入れてみた。Pekinpahというのはもちろんサムペキンパーのことで1972年の映画 ”The Getaway”をイメージして制作された。最近までArchiveページの特別企画 Film Noir1のサウンドトラックとして使われた。

2. Dear Harry   

原曲は2005年で2021年秋、新たに録音した。パロディーではなくYMOへのオマージュ。1982にTB-303とTR-606を買ってすぐににRydeenを完コピしたときの感動は忘れらない。ギターはまったく別の曲に使おうととしてボツったものをかなり加工して入れた。結構雰囲気出ている。

3. Into the Dark 

このアルバム用に作った2021年秋録音の最新オリジナルトラック。 

4. Fleming   

2015年、Pekinpahと同じ手法で同時期に録音されたトラック。これも暫くsoundcloudにアップしていた。オリジナルタイトルは、”Ian Fleming Around the World ”。007スカイフォールを見ながら作った記憶がある。Mも登場している。Archiveページの特別企画Film Noir2のサウンドトラックとして使われた。

5. Someone Like You   

Archiveページの特別企画Film Noir3のサウンドトラックのために最近制作されたトラック。以前触れたように、トラックの中には、かなり以前録音されたサウンドの数々が散りばめられている。特にこのトラックに合うギターの音源を他の曲のボツトラックから探し出すのには苦労した。2021年夏録音。

6. Out of the Blue  

このアルバム用に作った2021年秋録音の最新オリジナルトラック。

7. Vegeta Dance   

2014年録音。Ableton Liveを使い始めたときに実験しながら作っていたトラックを最近リミックス、リマスターした。LiveのMIDIエフェクトにノートの発音タイミングをいろいろと弄れるものがあり、それをベースに使ってみた。今回のリミックスではさらにクレージーな音にしてみたが、こういう実験が周りの人には理解されないらしい(笑)

14歳の少年が初めてクリームというバンドを聴いて、クロスロードのジャックブルースのベースはこんな感じで聞こえていたのでは?という遠い記憶が蘇ってくる。タイトルの「ベジータダンス」は、スタジオの誰かがこのトラックを聴きながら、「まるでドラゴンボールのヒーローたちが空間を瞬間的に移動しながら戦っているさまのようだ」というのを頂いた。

8. Angel Face  

このアルバム用に作った2021年秋録音の最新オリジナルトラック。こトラックだけYoutubeバージョンが存在する。理由は謎。。

9. Caramel Rosso  

このアルバム用に作った2021年秋録音の最新オリジナルトラック。ニニロッソのトランペットにあのキャラメルママがバックで演奏したという、訳のわからないコンセプトで作った。実は、このトラックが一番苦労したが、箱男楽団のみなさんが頑張ってくれた。

Archive #40

ご存知、Deep Purpleの “BURN” 。 年に何回かこの”て”の曲を聴きたくなる。特に今、口内の粘膜が炎症で爆痛しているので尚更よい鎮痛剤となる。

これまで幾つかのバンドを経験したが、一緒にプレーしたギタリスト、特にリード系のみなさんはリハスタで、練習曲の合間にこの曲のリフをさりげなく弾く。理由はよく分からない。

2012-3年頃の北京録音、Marriottテープから。ギターはBlues Leeくんで6パート重ねている。ここまで完成度の高いコピーは聞いたことがない。

Archive #39

The Ventures / Surf Rider 1969

ベンチャーズのコピーバンドにはいくつかお付き合いしたが、毎回結構しんどい思いをした。ベンチャーズの曲は結構複雑な構成のものが多く、いきあたりバッタリでベースを弾くものだから、時にステージ上で大変な迷惑を掛けてしまったこともあった(ベンチャーズだけに限ったはなしではないが)。

この音源は、Band in a Boxというソフトで全て作ったものをカセットで録音したものだと思う。イナたいリードギターはMIDIで作ったものだと記憶している。さすがに、ノーキーエドワーズのフィンガリングは再現できなかいが、サイドギターが結構なノリでこの架空バンドを引っ張っている。でも、やはり構成がおかしくて、変な終わり方をしているのは制作者のいい加減さがここでも出ているということで。。。そのソフトが結構進化していて、最新のアルバム制作に「箱男楽団」?として参加している。

お口直しに本物をお聞きください。

Archive #38

例によってハードディスクを整理していると、比較的最近のファイルボックスに保存名が、35.149470,139.116699という謎の数字のファイルがいくつも出てきた。で、なんか怪しげで暫く放置していたのだが、整理を続けていると、タイトルが、” Universe” というトラックのSTEMが出てきたので再現してみたら、この謎の数字の曲と合致した。記憶を紐解くと、この謎の数字は、Google Mapの位置情報を示す数字で、これを入力すると湯河原の吉浜小学校の前、墓地の高台あたりにマークが立つ。ここにはよく前のスタジオマスコット犬TOTOと散歩に出かけ、思い出す風景もいっぱいある。曲作りもこの辺りからフィールド録音の音を重ねどんどんアンビエントになっていく。

Archive #37

このデモ曲を2ヶ月ほど前に見つけていたが、夏バテで体調が優れずそのまま放置していた。DATA自体はデモとはいえCUBASEで完璧に録音されていたので、手直しはいくらでもできたが、手を付けなかったのは、ボーカルが自分だったからだ。とにかく自分の声をきくというのは耐えられない。そういえば、あんなに歌がうまいLEEくんも、自分の声のトラックにやたらエフェクトを掛けたがったことを思い出した。

このトラックは5年前の2016年5月4日録音されており、仮タイトルは「METAKE FUNK」となっていた。METAKEとは当時から愛飲している、屋久島、焼酎の銘酒「三岳」からとったものだろう。前にも書いたが、作った曲のジャンルはめちゃくちゃ。この曲を作っているころは、とにかくヘビーなファンクを作りたかったのだと思う。そんなファンクのデモが散乱している。この曲はLEEくんのギターで非常にサンタナ風のファンクブルースに仕上がっていて完成度は高いのだが、歌詞は超三文ブルース常套句的でこれまた赤面だ。ただ一つだけ救われるのは、リードギターのバックで繰り返されるベースのリフ、こいつを聞くと我ながら救われる。

そんなこんなのデモ曲の一品である。

「YES I KNOW」

Archive #36

昭和40年代のエレキ小僧なら誰しもが通るバンドベンチャーズ。みんなお手本としてこのバンドの楽曲をコピーした。一見弾けそうで、ところがどっこい結構難しいのがこのバンドの曲。それから社会人になり、3つのバンドのベーシストとしてライブを経験していずれもベンチャーズでコケたほろ苦い思い出がある。

前にも紹介したスタジオのリミックスコンテストでも見事にブービー賞を獲得したのが同じくベンチャーズのこの曲だった。あまりに悔しかったので「10番街の殺人」を取り上げて再度臨んだが、選考会にも取り上げてもらえなかった。それ以来ベンチャーズは聴いていない。

Archive #35 断捨離シリーズ (6)

埃まみれになった結構な本数のカセットテープの処分が完了した。中学生のときにTBSラジオのパックインミュージック(担当福田一郎氏中村律子嬢)に投稿して名前が読まれたものとか、同じく中3のとき質屋で3千円で買ったエレキギターを親のオーディオセットに繋いで録音した奇怪な音だとか(そのときアンプを飛ばしてしまった)、45年も前にアメリカの片田舎で録音したアンビエントな音の数々など小生にとってお宝が満載だった。

なかでもこのAthens讃歌ともいえるこの曲の出所が最後まで思い出せなかったが、YOUTUBEで憂歌団のライブを見ている時に思い出した。なかなか思い出せなかったのは録音の現場にいなかったからだ。ギターはTatsu Aokiに間違いない。Athensのあと、シカゴに行って著名なベーシストになった男だ。その当時、誰も知らない憂歌団の「おそうじオバチャン」なる歌を完コピし、みなの前で歌って大いに笑わせてくれたことを鮮明に思い出した。Athensのあと時々やりとりしていたが、そのあとは不義理している。また会って音楽や映像のことたくさん教えてほしいものだ。

歌詞にでてくる、The CIというバーの写真も出てきた(今もまだやっているのには驚いた)。ダウンタウンではなくアップタウンに繁華街があった。8ボールはここで覚えた。CCセブン(カナディアンクラブのセブンアップ割)は甘いのであまり好んで飲まなかったが、ギリシャのスブラキはバーをはしごしたあとよく食べた。っけ。驚いたのはサブウエイがもうあったこと(サブマリンを食べた記憶がない)。日本に登場したのはアフターバブル期の1991になる。

ほんと田舎の小さな町だったが、この歌はいろいろなことを思い出させてくれた。45年も前の話である。ほんと断捨離に感謝である。

このシリーズはまだまだ続く。次回からはいよいよ機材や楽器の断捨離編となる。